公務員・教員

熱心に、時には厳しく、僕を支えてくれた先生や職員の方々。
だから夢をあきらめず、叶えることができた。

大阪府警察 合格鼻毛 一真 さんHanage Kazuma法学部卒(2016年3月) / 大阪府 大阪商業大学堺高校 出身

前へ

次へ

大阪府警察の採用試験合格、おめでとうございます。
警察官を志したきっかけについて、お聞かせください。

ありがとうございます。
泉州出身の僕は、幼い頃からだんじり祭に慣れ親しんできました。そのだんじり祭で、いつも機動隊員の方々が誘導や警備をされているのを見て、警察官という職業に関心を抱くようになったんです。どのようなトラブルがあっても冷静に対処するその姿は、僕の目にはとてもかっこよく映りました。
一方で、消防官にも憧れましたね。高校生の時に、消防官の方が火事の現場から僕の友人を助け出してくれたんです。それがきっかけで消防官を志望するようになり、経法大では「Sコース(特修講座)で消防官をめざす学習に取り組もう」と考え入学しました。
でも大学2年の時、エクステンションセンターでの勉強会で自分の将来について突き詰めて考える機会があり、そこで「やはり自分は警察官になりたいという気持ちのほうが強い」と気づきました。それからは、警察官だけを目標に頑張ってきました

Sコースは入学当初から受講されてきたのですか?

はい。1年生の公務員基礎講座では、消防官と警察官、どちらをめざす学生も学習内容は同じでしたので、とにかく夢を叶えるんだという強い気持ちを持って勉強しましたね。ただ、Sコースで初めて公務員採用試験の問題にふれたときは、想像していた以上に難しいと感じました。もともと勉強があまり得意ではなかったこともあり、一問理解するだけでもずいぶんと時間がかかってしまい、最初はついていくのがやっとというペースでした。

その苦労を、どのようにして乗り越えられたのですか?

Sコースの先生が熱心に指導してくださったことに加え、法学部のゼミの先生に勉強を見ていただけたことが大きかったですね。ゼミでは刑事事件の分析などに取り組んでいたのですが、それだけでなく、先生が公務員採用試験に向けた勉強会を開いてくださいました。
採用試験の問題のなかで、僕が最も苦手としていたのが数学にかかわる文章問題。ゼミの先生は、そんな僕に「自分の学力にあった勉強をするのがいい」とアドバイスしてくださり、僕がいつ頃から数学に苦心するようになったのかを一緒にさかのぼって探ってくださいました。その結果、小中学生の算数の問題集からやり直すことにしたのですが、おかげで少しずつ確実に苦手を克服でき、大阪府警の採用試験にも合格することができました。熱心につきあってくださったゼミの先生には、本当に感謝しています。

面接試験については、どのような対策に取り組まれましたか?

公務員特別演習で、先生にきめ細やかに指導をしていただきました。担当の西口先生は、奈良県警で警察官として長年勤務され、警察官採用の仕事にも携わった経験を持つ方です。その経験に基づいた指導で、言葉遣いの注意点や、どのように話せば伝わるかといったことを、具体的に学ぶことができました。特に心がけるようにと教わったのは、自分の気持ちに嘘をつかず、なぜ警察官になりたいのかを真っ直ぐに伝えるということ。変に格好をつけて取り繕ったようなことを言っても、面接官に見抜かれ、かえって悪い印象を与えてしまう。僕の場合なら、だんじり祭がきっかけで、それが「警察官になりたい」という強い想いにつながっているということを、正直に伝えるのが一番だとわかりました。
さらに3年生の終わり頃には就勝実践キャンプにも参加し、そこでも西口先生に模擬面接をしていただきました。「以前と比べてずいぶんよくなった」と先生にほめていただき、安心できましたね。

では本番の採用試験では、自信をもって挑めたのですね。

そうでもないんです。一次の筆記試験に合格したあと、二次試験の前にもう一度キャリア支援課で面接の練習をしていただいたのですが、その時には西口先生に「それでは合格できない」と厳しく指摘されて…。これまで以上に本番に近い雰囲気のなかで取り組んだ模擬面接だったので、すごく緊張してしまい、受け答えも動作もぎこちなくなってしまったんです。
先生には「もう一度、自分の志望動機をしっかり見直して、本番までに自分ができることをやっておきなさい」と言われ、その後もギリギリまで先生やキャリア支援課の人に相談してアドバイスをもらいながら、本番の面接の日を迎えました。
本番でも緊張はしましたが、だからこそ「誰にも負けない大きな声を出そう」と心がけて挑みました。声を出すことで少し緊張もほぐれ、言いたいことは全部言えたと思います。だんじり祭をきっかけに警察官に憧れたこと、中学から大学まで陸上競技を通じて心身を鍛えてきたこと、高校では自分が中心になって陸上競技部を新たに作ったこと、アルバイトで社会経験を積んだこと。さらに「最後に伝え残したことは?」と聞かれた時には、正直もう何を言っていいかわからなくなり、「警察官になりたいので、よろしくお願いします!」と大きな声で答えましたね。終わったあとは、あれで良かったのかなと少し不安になりましたが、合格できてホッとしました。やはり直前に先生から厳しく言われたことが、いい刺激になったのだと思います。

他にも大学での学習で、印象に残っていることがあればお聞かせください。

総合演習という授業を通じて取り組んだ、ピアサポート活動がおもしろかったですね。心理学の先生に指導していただき、「相手に心を開いてもらうにはどのように接するのがいいのか」といったことを学びました。将来、警察官として仕事をしていく上で、コミュニケーション能力はとても大切になります。学生のうちに鍛えておきたいと考え参加したのですが、とてもいい勉強になりましたし、これからの人生でずっと役立てていけると思います。

今後の抱負についてお聞かせください。

まずは警察学校での訓練に、全力で挑戦しようと考えています。そして将来は、市民の方々に信頼される警察官になれるよう、頑張っていきたいですね。
大阪府警察を志望したのは、やはり地元のだんじり祭を支える仕事がしたいという想いが強かったからです。でもそれだけでなく、機動隊員として被災地などに赴くといった役割を担うことができれば、という希望も持っています。いずれにせよ、自分にできることにどんどん挑戦し、経験を積むことが大切。そうすることで、市民の方に頼りにしていただける警察官として成長していきたいと思います。

受験生の皆さんへのメッセージ

警察官採用試験に合格した今、僕が強く実感しているのは、「夢は、追い続けていけば最後には叶えられるもの」だということです。みなさんも、あきらめずに頑張れば、きっと夢を叶えられると思います。ただ、僕が合格できたのは、先生やキャリア支援課の職員の方々の支えがあったからこそ。経法大は先生や職員の方々との距離が近く、自分が頑張っていれば、困った時などに必ず手を差し伸べてくださいます。それが、この大学の一番の魅力ですね。みなさんもぜひ、経法大で夢に向かって頑張ってください!

※掲載内容は取材当時のものです。

同じ職種・資格のストーリー