民間企業

迷った時、立ち止まった時、相談に乗ってくれる人がいる。
その心強さが、私の未来を切り拓く支えになった。

株式会社帝国データバンク 内定篠原 伊織 さんShinohara Iori法学部卒(2016年3月) / 福岡県立 嘉穂高校 出身

前へ

次へ

内定先についてお聞かせください。

帝国データバンクから内定をいただきました。
企業の信用調査などを手掛けている会社です。日本全国のほとんどの企業のデータを持っていて、このデータを活用し、コンサルティングやマーケティング、出版など、幅広い事業展開を行っています。
企業の歴史も長く、その歴史のなかで培われてきたものから、私も新しい何かを創り出せるのではないかという大きな可能性を感じて志望しました。

大学ではどのようなことを学んでこられたのですか?

最初は、外務省専門職をめざしていたんです。高校生の頃からの希望で、入学してすぐ先生に、どんな勉強をすればいいのか相談しました。すると、外務省専門職を受けたことがある先生がいらっしゃると教えていただき、その先生とじっくり話ができる機会を設けていただいたんです。そこでアドバイスを受け、Sコースの法職講座を受講して法律を基礎から学び、語学にも力を注ぎました。
ただ、そうして大学での学習を重ねるうちに、自分の将来について、迷いが生じるようになりました。本当にこのままでいいのかな、と。

将来について、どのように迷い、どのように答えを出していかれたのですか?

私がめざす将来像は、仕事をバリバリとこなしながら、結婚もして、家庭などのプライベートも充実した人生を送ること。外務省専門職はとても魅力的な仕事ですが、先生に詳しく話を伺ううちに、家庭との両立は難しいということを感じました。また、経済学なども幅広く学ぶなかで視野が広がり、「企業でも自分のやりたいことができるのでは?」と、自分自身のいろいろな可能性を模索するようになっていったんです。
一人で迷っていても結論は出ないと考えた私は、先生に相談しました。すると先生は「迷っているなら、やれることをどんどんやりなさい」とアドバイスしてくださったんです。外務省をめざすにしても、企業への就職をめざすにしても、今やれることをやって力をつけておけば、道は拓けるはず。そう気づかされた私は、将来の希望にこだわらず、大学でできることに積極的にチャレンジすることにしました。

具体的にはどのようなことに取り組みましたか?

一つは資格講座ですね。気になる講座はすべて受けました。例えばFPは、金融系に進むなら必要ですし、自分の人生を考えていく上でも大切になることだと思って受講しました。秘書検定は、社会人としてのマナーなども学べ、選考での面接などにも役立つと考えました。
また、GCP(グローバルキャリアプログラム)では、国際法について深く学んだり、海外からの留学生を交えて英語でディベートを行ったりといった経験をすることができました。
法学部の授業で興味深かったのは、国際環境とCSR論。環境問題に対する企業の考え方や取り組みなどが学べ、のちに自分が就職を考える上で企業を見極める判断材料の一つにもなりました。
一方で経済学にも興味を持ち、経済学部の科目もたくさん学びました。なかでも印象に残っているのが経営学総論。企業のトップがどのように考えて経営に取り組んでいるのかが学べ、とても面白かったですね。経済も法律も学べる本学独自の経法相互乗り入れ制度があったから、将来について迷った時も、幅広い知識を習得することで、将来の可能性を大きく広げられる学習ができました。その点で、経法大に入学して本当に良かったと感じています。

就職活動にはどのように取り組まれましたか?

自分の将来についてまだはっきりとした答えが出せていませんでしたし、まずは先生やキャリア支援課に相談しました。「それならば、どんどん企業説明会やインターンシップに参加して、いろいろな企業を見てみるべき」とアドバイスをいただき、それからは業種などにこだわらず、積極的に説明会に参加しました。そうすることで、次第に自分に適した業界や企業がわかっていったように思います。
そして3年生の1月からは、帝国データバンクのインターンシップに参加しました。たまたまキャリアフォーラムでこの会社と出会って興味を持ったことがきっかけでした。

そのインターンシップが、大きな転機になったのですね?

はい。調書の作成など実際の業務を経験し、新事業の提案というインターンシップ生としての課題に取り組むなかで、帝国データバンクでの仕事に面白さを感じました。
特に事業提案の課題では、この会社が持つ膨大なデータを活用することで、新しいことができる可能性が大きく広がっているということを実感しました。私は人材サービスについての新事業を提案し、高く評価もしていただけ、うれしかったですね。
1週間のインターンシップのすぐあとに入社選考の面接があり、その面接を経て、内定をいただくことができました。

では希望の企業に就職することができたというわけですね?

それでも最終面接を受けるに当たっては、緊張しました。ですから直前に大学の就勝キャンプで模擬面接を受けるなど、しっかりと事前準備をしました。模擬面接の指導では、「あなたは自分の意志をしっかり持っているから大丈夫だよ。でも緊張したら早口になるからそこは気をつけなさい」とアドバイスをいただき、それが自信につながったと思います。
インターンシップを受ける際にも選考がありましたが、その時もキャリア支援課のプログラムでエントリーシートの書き方などを学んだことが役に立ちましたね。このようなキャリア支援制度の充実が、私にとって心強い支えになったと改めて感じます。そして何より、私が迷ったり悩んだりした時、いつも先生やキャリア支援課の方々が相談に乗ってくださったことが、私の未来を切り拓く、大きな力になりました。

今後の抱負についてお聞かせください。

入社後はバリバリ働いて、仕事もプライベートも充実させたいですね。入社して3年後くらいにはアメリカの支社に行き、海外でもいろいろな経験を積みたいという希望を持っています。
そして10年〜15年での独立をめざしています。早いかも知れませんが、若いうちにしかできないこともありますし、若いからこそパワーもあり、失敗しても立ち直れると思うんですよ。この目標に向けて、これからもやれることにどんどんチャレンジして、成長を重ねていきたいと思います。

受験生の皆さんへのメッセージ

 

自分のやりたいことをしっかり持っていてほしいと思います。迷うこともあるかと思いますが、そんな時は、とにかく行動してみることが大切。行動を起こせば、何かしら答えは出ますから。経法大には、資格講座や留学制度など、いろんなことに挑戦できるチャンスがたくさんあります。先生や職員の方々との距離も近く、相談しやすいのも大きな魅力。他の大学の友人と話をしても、経法大ほど多様な制度やサポートが充実している大学はないと感じています。だからこそ、それをうまく活用してほしいですね。そうすることで、本当に自分にあった道が見つかるでしょうし、その道を切り拓く力も身につきますよ。

同じ職種・資格のストーリー