民間企業

人に伝え、役に立てる。
それがコミュニティFMで働くことの意義だと思う。

やおコミュニティ放送株式会社(FMちゃお) 勤務池本 周平 さんSyuhei Ikemoto法学部卒(2013年3月) / 大阪府 興國高校 出身

前へ

次へ

現在、どのようなお仕事をされていますか?

やおコミュニティ放送株式会社は、八尾市を中心とするエリア(八尾市・柏原市のほぼ全域、東大阪市・藤井寺市・羽曳野市・松原市・大阪市の一部地域)に向けて、街の魅力や防災に関する情報を発信しているコミュニティFM放送局。「FMちゃお」の愛称で親しまれています。私はそこの業務部という、番組で紹介する情報を集めるための取材や番組編成、宣伝広告の営業などを行う部署の一員として働いています。いわゆるラジオ局の“裏方仕事”です。
自分で取材をすることも多いのですが、堅苦しいものばかりではなく、地域の祭やイベントに出向くこともありますし、いろいろな人たちから面白い話を聞けるので楽しいですね。現在「FMちゃお」では、八尾市役所産業政策課が運営している『八尾あきんどOn-Do(音頭)ネット』という市内のお店情報を紹介するサイトの取材制作業務を請け負っているのですが、私はその担当も任されているので、それまで知らなかったさまざまなお店を訪ね、話を伺っています。
とにかく日々新しいことに出合えるので、新鮮な気持ちで働けていますね。

学生時代についてお聞かせ下さい。

大学生として4年間を過ごすわけですから、その間に何か将来に役立つ資格を取得しようと考えていました。昔から音楽が好きだったので、自分が発信することで人に何らかの影響やきっかけを与えられる仕事がいいなと、教員を目指すことにしたんです。そしていろいろ調べてみた結果、資格取得をしっかりとサポートしてくれる経法大へ進むことにしました。

経法大で学んだことの中で、今も役に立っていることはありますか?

やはり教職課程で学び得たものは、大きかったように思います。模擬授業や教育実習を行う場でも、その都度十分な準備が必要ですし、もともと口下手なほうではありましたが、経験を積むにつれ、自分の考えを人に伝えることができるようになっていきましたからね。
教職課程の一環として、経済学部の授業を学べたことも今の仕事に役立っています。取材でお店や企業の方と話す際には世の中の動きや経済の流れに触れる場合も多いですから。景気はもちろん、最近では消費増税の話題になることが多かったですね。

4年間学び続けていくうえで大きかったのは、教職を志す仲間の存在でした。課題の分からないところを教え合ったりもしたし、一方で、誰かが模擬授業で好評価を受けると自分も負けないよう頑張ろうと互いに切磋琢磨することもできましたから。仲間であり、ライバルでもあるという、良い意味での連帯感があったように思います。

教職課程を歩みながら、就職活動をされたきっかけは何だったのでしょう?

就職について考えるようになった理由は、いずれ教員として働くにしても、一度社会へ出て働いてからでも遅くないのではないか、と考えるようになったからですね。教育実習にも行きましたから、実際に企業への就職やそのための活動を意識するようになったのは、一般学生よりもずいぶん遅かったと思います。相談に行ったキャリア支援課の方に勧めてもらい、大学で行われた「FMちゃお」の企業説明会に参加しました。話を聞くうちに、放送局の仕事も人のくらしに影響やきっかけを与えることができるんだと思えましたし、音楽が好きだという部分でも動機を持てるなと思えたので、受けてみようと決めました。社員同士が仲の良い、和気あいあいとした社風だということも、志望した理由のひとつでしたね。
選考は、筆記試験と小論文に面接でした。どれも特に、対策のための勉強を詰めて行う、ということはしませんでしたね。あまり追い込んだり構えたりせず、教育課程で学び身に付けてきたことをそのまま出していこうと考えて選考に臨みました。

では最後に、今後の目標をお聞かせ下さい。

今年社会人2年目に入ったのですが、自分に足りないところも分かってきたので、改善していきたいなと考えています。ひとつの局面に対してさまざまな角度から考えることで、複数の対処方法を想定しながら仕事に取り組んでいく、というのが目下の課題ですね。
業務でいえば、好きな音楽にも関わっていきたいので、番組の編成や構成にも携わっていけるよう勉強中です。音楽を担当しているスタッフに話を聞いたり、機材について一から教わったりしています。

受験生の皆さんへのメッセージ

今年は経法大の入学式にも取材で伺いました。せっかく大学で4年間を過ごすわけですから、自分が興味を持てたことにはどんどんチャレンジしていってほしいですね。スポーツでも勉強でも資格取得でも、何でもいい。とにかく行動することが一番大切ではないかと思います。

※掲載内容は取材当時のものです。

同じ職種・資格のストーリー