民間企業

BLPで学んだ、高い志を持つことの大切さ。
自分に負けたくない一心で、貫くことができた。

SMBC日興証券株式会社 内定西野 あかね さんAkane Nishino経済学部卒(2017年3月) / 三重県 三重高校 出身

前へ

次へ

内定先についてお聞かせください。

SMBC日興証券株式会社から内定をいただきました。
就活を始めた頃から、私が希望していたのは金融業界。最初は銀行も視野に入れていましたが、業界研究を進めるなかで「私には証券会社のほうが向いている」と考えるようになりました。証券会社での営業は一人ひとりの力によるところが大きく、営業スタイルも一人ひとりで異なっていて、そこに自分らしさを発揮できそうだと感じたからです。そして証券会社のなかでも、第一志望と決めたのが、SMBC日興証券。日本三大証券会社の一つで、高い志を持つ社員が多く、そのなかで自分がどこまで挑戦していけるのかを試したいという気持ちで、志望しました。だから、内定をいただき、とてもうれしく感じています。

金融業界を志したきっかけについてお聞かせください。

BLP(ビジネスリーダープログラム)の金融クラスで学んだことが、金融業界への関心につながりました。
BLPは、入学前のオープンキャンパスに参加した時から興味を持っていました。そして入学後、実際にBLPを受講されている先輩たちが将来のことをしっかりと見据え、高い意志をもってプログラムに取り組まれているのを見て、大きな刺激を受けました。高校までの私は勉強があまり好きではなく、自分の将来についてもあまり考えたことがありませんでした。「何もしなければ、なまけた大学生活を送ることになるかもしれない。BLPで少しでも先輩たちに近づけるように頑張ってみよう!」と考え、私は2年生からBLPを受講しました。
BLPでは、金融機関で働いていた経験を持つ先生に指導していただき、金融業界の現場の生きた知識について、たくさん教わることができました。その学びを将来につなげたいという想いから、私は金融業界を志すようになっていったのです。

BLPでの学びが、就活でも大きな力となったのですね。

はい。金融の知識だけでなく、社会人基礎力が養えたことも大きかったと感じています。
BLPでは、全員がスーツを着用し、実際の会社で仕事をするような感覚で、学修に取り組みます。上司にあたる先輩から、日常的に身だしなみや言葉遣いなどについて指導を受け、そうしたなかで社会人としてのマナーや心構えが自然と磨かれました。グループワークなどの内容も議事録のように記録し、それを「どう書けばわかりやすく伝わるか」についても、先輩から丁寧に指導を受けました。経済産業省が主催する社会人基礎力グランプリにも出場しました。こうしてBLPで日常的に鍛えた社会人基礎力を、就活での企業説明会や面接などでも発揮できたと思います。
BLPの先輩から就活についてのアドバイスをいただけたことも、とても良かったと感じています。2年上の先輩に、三井住友銀行と、みずほ証券に就職された方がいて、お二人には本当にお世話になりました。お二人とも私と同じ女性ということもあり、同じ金融業界をめざす私に、参考になるリアルな体験談をたくさん話してくださったんです。また、お二人とも勉強熱心で知識も豊富でしたから、私も先輩たちに負けたくないという気持ちで頑張ることができました。

就活を進めていくなかで、困難を感じることはありましたか?

SMBC日興証券のセミナーでは、最初、他の学生たちの知識量や意欲に驚かされました。私が思っている以上に難しい質問をし、みんな遠い将来に向けてのキャリアプランもしっかりと描いている。やはり三大証券会社と言われる中の一社をめざす学生はレベルが高いと感じ、「私には無理かも知れない」と、一度は心が折れそうになりました。でも、やはり負けたくなくて、自分を奮い立たせ、それまで以上に企業研究に力を注ぎました。また、SMBC日興証券への入社をめざす他大学の学生と、積極的にコミュニケーションをとることも心がけました。同じ目標を持つ人だからこそ、自分が知らない情報も得られそうだと考えたからです。
そして面接では、自分らしさを前面に打ち出しました。私は負けず嫌いで、誰よりも自分に負けたくないという想いを強く持っている。だから常に高い目標を打ち立て、そこに向かって頑張ってきたと、アピールしました。「それでダメなら仕方がない、でもそのままの私を評価してもらえたら」という気持ちでした。
そして最終面接の後、内定を伝えていただいた時は、うれしいというより、身が引き締まる想いになりました。「新風を吹き込んでほしい」といった、期待のお言葉もいただくことができました。「この会社で頑張ろう」と、心から感じました。

経済学部の授業で、印象に残っている科目などはありますか?

「銀行論」が、とても興味深く感じられました。金融業界をめざすにあたって、銀行について深く学びたいと考え選択履修した科目です。銀行の業務や、信用金庫と信用組合の違い、といった基本的な知識から、銀行それぞれの特色や強み、「コンビニATMはなぜ登場したのか」といった銀行の経営戦略や今後のあり方についてなど、たくさんの知識が得られました。
他にも金融にかかわる科目は積極的に選択しましたが、どの授業で学んだ知識も、これから証券会社で仕事をしていく上で、必ず役に立つと考えています。

他に大学生活で印象に残っていることがあればお聞かせください。

男子ソフトボール部でのマネージャーの経験ですね。1年生の時に友人に誘われて入部したのですが、その時は先輩部員が実質おらず、廃部寸前という状態。道具を揃えるところから始め、仲間と一緒に新しいチームを立ち上げていくというのが、とても楽しかったです。時には選手と一緒にキャッチボールをしたりもしました。私は高校ではバスケットボールをしていて、体を動かすことが好きだったので、就活に打ち込んでいる期間などは、とてもいい気分転換になったと思います。
そのソフトボール部が、今年、全国大会に出場するまでに成長できました。全国大会は鹿児島で開催されたのですが、その時の宿舎や練習場所も、全部自分たちで手配しました。移動は自動車数台で、選手や私が交替で、鹿児島まで運転して…。学生主体でチームを作り、運営していくなかで、本当にいろいろな経験ができました。そしてこのソフトボール部での経験も、きっと将来につながると感じています。

今後の抱負についてお聞かせください。

まず卒業までに、証券外務員の資格を取得することが、第一の目標。そして入社後の新入社員研修で仕事に必要な知識をしっかりと身につけ、営業として現場に出るようになってからは、積極性と粘り強さを大切にしながら成長していきたいと思っています。
この会社で長く頑張り続けたいので、そのためにも「必要とされる存在」にならなければ、と考えています。「西野がいて良かった」と思ってもらい、みんなが私を探してくれるくらい、自分の価値を高めていきたい。BLPと同じように、社会でも先輩から教わることが多いでしょうし、積極的に先輩とコミュニケーションをとることを心がけて知識を増やし、実務経験を重ね、自分だけの強みを育てていくことが、これからの目標です。
そしてゆくゆくは管理職に、という夢も持っています。険しい道のりとは思いますが、高い志を持つことは大切。BLPで、そう教わってきましたから。

受験生の皆さんへのメッセージ

自分で「何かをやる」と決めなければ、大学生活はだらだらとしたものになってしまいがちです。4年間は、あっという間に過ぎます。「1年次にはこれを、2年生になったらこれをやろう」と、自分で目標や計画を立てれば、きっと充実した大学生活を送ることができると思います。そして「思い立ったらすぐにやる」といった、行動力を持ってほしいと思います。遅くて悪いことはあっても、早くて悪いことはありませんから。やると決めたことは後回しにせず、すぐに行動に移すことが大事。特に就活など、自分の将来を左右する時に、その行動力がとても重要になると、私は自分の体験から実感しています。

※掲載内容は取材当時のものです。

同じ職種・資格のストーリー