民間企業

女性の視点を大切にした住まいづくりで、
たくさんのお客様を笑顔にしたい。

大和ハウス工業株式会社 内定中川 唯 さんYui Nakagawa法学部卒(2017年3月) / 大阪府 大阪学芸高校 出身

前へ

次へ

内定先についてお聞かせください。

大和ハウス工業から内定をいただきました。
就活に取り組むにあたって、私が希望した職種は営業職。それも「難しい仕事に挑戦してみたい」という想いから、住宅メーカーに絞って就活を進めました。なにしろ住宅は、お客様にとって一生に一度となる大きな買い物。営業職として、これほどやりがいを感じられる商品は他にないと思ったからです。
数ある住宅メーカーのなかでも、大和ハウス工業は戸建住宅だけでなく、マンションや賃貸住宅関連事業、商業施設や環境エネルギー事業など、幅広くさまざまなビジネスで高い業績を収めているのが強み。優秀な社員がたくさんいらっしゃるだろうと感じて、志望しました。

大学に入学した当初は、ご自身の将来についてどのように考えていたのですか?

最初は何となくですが、弁護士という仕事に憧れを抱いていました。法学部に入学したのも、そうした理由からです。でも大学に入ってからは、法律の勉強以上に、楽しいと感じることにたくさん出会いました。部活やアルバイト、そして新しいたくさんの友達と過ごす時間。視野も広がり、弁護士になりたいという気持ちは薄れていったように思います。今思うと、本当に漠然とした憧れだったんでしょうね。
「じゃあ私が本気でやりたいと思える仕事は何だろう?」と考えるようになり、2年生からは公務員コースを選択しましたが、それも本気で公務員になりたいといった強い気持ちからではありません。将来に対する迷いや不安があって、とにかく進んでみようと思った方向に踏み出してのことでした。でも、結果的にはそれが正解でした。公務員をめざすことを考えて活用するようになったキャリアセンターで、私自身のいろいろな可能性に気づかせてもらえたからです。

キャリアセンターで、ご自身の将来について新たな発見が得られたのですか?

はい。それまでの私には、一つの思い込みがあったんです。中学生の時に、大学生の方に家庭教師をしてもらっていたのですが、当時はリーマンショックの影響で就職難。その大学生の方が就職に困っているのを目の当たりにしたことから、私は「普通にやっていても就職はできない」と決めつけていたのです。だから公務員や、弁護士のような専門職にばかり目を向けていました。でもキャリアセンターでいろいろな企業の求人情報について教わることで、法律の知識は一般企業でも発揮できることから、企業への就職という道も選べるということが、ようやく理解できました。
そして3年生からはキャリア演習を履修して、就活に向けた準備を着々と進めました。自己分析、業界研究、履歴書の書き方やビジネスマナーの勉強、模擬面接。先生やキャリアセンターのスタッフの方々に相談しながら、一緒に少しずつ、前に進んできたように思います。そして住宅営業という道が見えました。一人ではたどり着けなかったと思うので、先生やキャリアセンターのみなさんには、本当に感謝しています。

大和ハウス工業の選考には、どのように臨んだのですか?

まず企業研究の一環として、住宅展示場を見学させてもらうために訪問しました。その時、展示場で対応してくださった営業の社員の方から「展示場でアルバイトを募集しているのですが、やってみませんか?」と誘っていただいたのです。チャンスだと思って、すぐにお受けしました。
アルバイトでは受付での応対を任され、とてもいい経験ができました。何より、営業の方が実際に働かれているのを間近で見ることができ、会社や仕事についてのお話も直接聞かせていただく機会がたくさんあったのが、大きな収穫だったと思います。特に女性の営業の方の仕事ぶりには、自分の将来を重ね合わせることができ、刺激になりました。
面接試験では、大和ハウス工業が女性の活躍を経営戦略の一つとしていることに共感し、展示場でのアルバイト経験を通じてそれを実感できたことなどについて話しました。その結果、内定をいただくことができ、とてもうれしく思っています。

迷いや不安を乗り越え、本気でやりたいと思える仕事に就くことができたのですね。

やはり周囲の方々に支えていただいたことが、一番大きかったと思います。自分が就職するのに何をどうすればいいのか、まったくわからなかった私に、先生やキャリアセンターの方々が熱心に指導をしてくださり、それが力になりました。模擬面接は本番の前日まで何度も指導していただきましたし、知識を教わっただけでなく、「あなたなら大丈夫」と、私の不安をかき消し、自信をつけ、応援してくださったことが何よりうれしかったです。
今は、後輩たちのキャリア演習でメンターをしています。お世話になったみなさんに恩返しがしたい、という気持ちからです。以前の私のように不安や迷いを抱えている後輩が、少しでも勇気を持てるようなアドバイスができればいいなと思っています。

他に大学生活で印象に残っていることがあればお聞かせください。

ソフトボール部での活動が、とても楽しかったです。経法大の男子ソフトボール部で、私はマネージャーを務めていました。
入学式で仲良くなった友達に誘われて入部したのですが、もともと野球のルールさえ知らなかったので、ソフトボールのルールやスコアブックのつけ方など、覚えることが多くてたいへんでした。
しかも私たちが入部した当時は先輩が少なく、活動停止に近い状態だったため、部を立て直し、新しいチーム作りから始めました。みんなで意見を出し合い、練習を重ね、だんだんとチームが成長していくのが私にもよくわかって、うれしく感じました。そして今年はついに、全国大会にも出場できたんです。大会と就活とが重なったことで、残念ながら、私はいちばん大事な時にチームの役に立てず、悔しい気持ちもありましたが、それでもやはり、部活をやってきて良かったと実感しています。

今後の抱負についてお聞かせください。

住宅営業のお客様の多くはご夫婦。女性である私は、奥様の立場で住まいを考えることができるのが、男性の営業にはない強みだと思います。家事動線など、女性らしい配慮が行き届いた提案で、お客様にご満足いただける住まいを実現させていきたい。そして、お客様の笑顔をたくさん見たいと思っています。
展示場でアルバイトをしている時に、教わったのです。住まいが完成した時にお客様からもらえる「ありがとう」は、私がこれまで聞いた「ありがとう」とは全然違う、と。だから早く、その瞬間に立ち会いたい。今からとても楽しみです。
それを実現させるために、勉強しなければならないことはたくさんあります。建築の知識、相続や税金の知識、住宅ローンについて、その他関連するたくさんの法律など。学ぶことが多いですが、法学部で学んだ知識が役に立ちますし、それをベースとして今後もさらに勉強を重ねていきたいと思います。

受験生の皆さんへのメッセージ

自分の将来のことは、簡単には決められないと思います。迷ったり、悩んだりもするでしょう。そんな時に私は、先生やキャリアセンターの方々に支えてもらうことができました。教職員の方々との距離が近く、学生一人ひとりへのサポートが手厚いのは、この大学の良さだと思います。でも、ただ待っているだけではダメ。まず自分自身が一歩踏み出すことが大切です。そして自分の道を見つけたら、あとはブレないこと。自信を失いかけても、不安になっても、自分が進みたい方向にまっすぐ進めば、きっと納得できる結果が得られますよ。

※掲載内容は取材当時のものです。

同じ職種・資格のストーリー