公務員・教員

東京消防庁で活躍する先輩との出会いが、
僕の「本気」をより確かなものにしてくれた。

宇部・山陽小野田消防局 合格岡田 大輝 さんOkada Hiroki法学部卒(2016年3月) / 山口県立 豊浦高校 出身

前へ

次へ

宇部・山陽小野田消防局の採用試験合格、おめでとうございます。消防官を志したきっかけについて、お聞かせください。

ありがとうございます。
父も消防官で、その姿を幼い頃から見て、ずっと消防官という仕事に親しみと憧れを感じてきました。小学生の時には消防署の職場見学にも行き、だんだんと「将来は僕も消防官になりたい」という気持ちが強くなっていったように思います。
そんな子どもの頃からの夢を叶えたくて、公務員採用試験の合格実績が高い経法大に入学しました。ただ、最初は漠然とした夢であった消防官という仕事について、本気で「自分が進むべき道」と感じるようになったのは、大学で学ぶようになってからのことです。消防官の仕事や使命についてより深く学び、知識を広げるなかで、消防官をめざすことへの現実感がどんどん高まっていきました。

経法大に入学後は、どのような学習に取り組まれましたか?

1年生の時からSコース(特修講座)の公務員講座を受講し、消防官採用試験の対策に取り組んできました。先生がとてもわかりやすく指導してくださったことで、スムーズに理解が進んだと思います。Sコースでは無料の模試を受けることができ、自分の学習がどれくらい進んでいるかなどを、確かめられたのも良かったですね。
3年生の夏頃からは、キャリア支援課に相談して、自己分析や小論文、面接試験の対策にも取り組みました。キャリア支援課からは地域で開催される消防についての公開シンポジウムなどの情報も提供していただき、こうした催しに参加して、消防についての見識を深めることができたのも良かったと思います。さらに公務員特別演習などでも消防官の仕事について深く学ぶ一方で、自主的に消防署の見学に行くなど、さまざまな学習や経験を通じて消防官についての知識が深まっていき、「消防官になりたい」という想いが強く明確になっていきました。

消防官という仕事の、どこに最も魅力を感じられましたか?

人の命を助けるという、尊い役割を担うことができる点です。そのことについて、実際に消防官として働いていている先輩から話をうかがえたことが、本気で消防官をめざす上での大きな決め手になったと思います。
経法大を卒業して、現在は東京消防庁で活躍されている先輩です。休暇中に大学を訪れてくださり、僕たち後輩に、自らの体験談を交えて消防官という仕事のやりがいについて熱く語ってくださいました。危険が伴う、厳しい仕事ではあるけれど、それは誰もができることではない、だからこそ常日頃より訓練を受けている自分たちだからできる仕事だということ。そして自分たちが力を尽くすことで、多くの人々の命を救うことができるということ。先輩の言葉から消防官の仕事の素晴らしさをリアルに感じて、僕は「本当にめざす価値がある仕事だ」と実感しました。
また僕も、体調が急変されたお年寄りを、近所の方々と一緒に救急車を呼んで助ける、という実体験をしたことがあり、その方が無事に病院で治療を受けられたことを聞き、ホッとするとともに、人の命を助けるということの素晴らしさを改めて感じることができました。この体験も、「消防官になりたい」という想いをさらに強めてくれたと思います。

大学で、他にも力を注いだことはありますか?

資格講座を受講し、MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)のWordやExcelの資格試験に挑戦しました。資格取得のサポート体制が充実していることも、僕が経法大に入学した理由の一つだったんです。
僕は高校まで野球部に所属していました。甲子園での全国大会出場をめざし、毎日厳しい練習に励む一方で、正直、あまり勉強には力を入れてきませんでした。だから「大学に入ったら、たくさん勉強をしよう」と心に決めて、たくさんの講座を受講し、資格取得にチャレンジしました。パソコン関連の知識は、消防官として仕事をする上でも欠かせないと考え、MOSを選びました。
頑張った結果として、資格試験に合格できた時はうれしかったですね。自信になりましたし、実際の消防官の採用試験に対しても、イメージを持つことができるようになったと思います。

宇部・山陽小野田消防局の採用試験にも、自信をもって挑むことができたのですね。

そうですね。自信も、不安も、両方ありましたが、今までやってきたことを信じてぶつかろう、という気持ちでした。
何より、大学で早い時期からじっくりと試験対策に取り組んできたのが良かったと思います。キャリア支援課のアドバイザーの方々や先生に、エントリーシートの書き方や面接についても、きめ細やかな指導をしていただきましたから。また、本番直前まで模擬面接を何度も繰り返すことで、最初は人と話すことが決して得意ではなかった僕も、しっかりと自分の考えを相手に伝えることができるようになりました。
また、消防官の試験を受ける前に、力試しのつもりで海上保安学校の学生採用試験を受験し、これに合格できたことも自信につながりましたね。
そうした一つ一つの積み重ねが、第一志望だった地元の宇部・山陽小野田消防局の採用試験合格という結果につながり、とてもうれしく思います。

今後の抱負についてお聞かせください。

採用試験には合格できましたが、それは僕にとって一つの通過点であり、ここからが本当のスタート。今は消防学校での訓練に向けて、さらなる体力向上に努めるとともに、危険物取扱者の資格試験のための勉強にも自主的に取り組んでいます。
消防学校では成績優秀者に賞が贈られると聞いているので、そこは目標にしたいですね。そして将来的には、救助隊で活躍したいという希望を持っています。
とにかく常に向上心を持ち続け、全国の消防官による技術大会などにも出場したいと考えています。そしてその力を、地元の人たちのために役立てたいですね。地元の消防局を志望したのは、自分を育ててくれた街の人々を守りたいという想いがあってのことです。技術面でも、体力面でも、精神面でも、より高いレベルの消防官をめざして努力を重ね、一人でも多くの人の命を助けたいと思います。

受験生の皆さんへのメッセージ

公務員試験に合格することは決して簡単ではないですが、大切なのは、努力を積み重ねること。経法大のSコースでは1年生から公務員採用試験に向けた学習に取り組むことで、早い時期から着実に準備を進めることができるので、公務員をめざす人にはぜひ受講してもらいたいですね。もし将来の夢がまだ決まっていないなら、まずは大学でいろんなことに挑戦してみてはいかがでしょうか。資格試験に挑戦するのもいいですし、勉強だけでなく、部活やボランティア、アルバイトなど、どんなことでもきっとプラスになると思います。自分を高めるには、大学での4年間は最高の時間ですよ!

※掲載内容は取材当時のものです。

同じ職種・資格のストーリー